長年利用することのできる電子辞書を選ぶための秘訣は何?

近年、電子辞書は量販店などで独立したコーナーが設置されるほど、売れ筋の商品になっています。

紙の辞書に比べるとかさばらず、大量の項目を収録を電子辞書は、各種学習に不可欠なものです。

しかしデジタル製品は次々と新製品が発売される傾向にあることから、大量にある製品の中でどれを購入すればいいのか迷いがちです。

そこで本稿では、電子辞書を選ぶ際のポイントについて説明して行きます。

電子辞書選びの目的

電子辞書を購入する際、重要なのはどのような目的で購入するかと言う点です。

自宅で読書しているときに出てきた意味の分からない言葉を調べるために使用するのか、子供の学習用に使用するのか、勤務先で調べ物に使用するのか等、目的によって最適な商品は異なります。

学習用の辞書の場合、問題集のデータが付属していたり、社会人用の辞書の場合、社会人用のマナー・ルール集が収録されていたりと、利用対象によってオプションが違ってくるからです。

主にどういう用途で電子辞書を使いたいかを確認した上で、次のような基準に沿って商品を吟味しましょう。

電子辞書選びの具体的なポイント

重さ・サイズ・強度

電子辞書は基本的に持ち運ぶことが前提の商品です。

とくに営業職など頻繁に移動を行う人が使用する場合、なるべく荷物にならないよう、軽量で、コンパクトな商品を購入するべきです。

移動中に他の荷物とぶつかってしまうケースを考慮すると、衝撃に強い設計かどうかも考慮するべきでしょう。

反対に自宅でしか利用しないような使い方であれば、上記の条件はそれほど気にする必要はなく、収録データが充実しているかどうかで判断すればいいでしょう。

アップデート機能の有無

近年発売されている電子辞書の中には、収録元の辞典が改訂された場合、改訂に対応したアップデートを施してくれる製品があります。

文書校正や編集者と言った、厳密な言語の使用を必要とする業種の場合、こういったアップデートに対応している商品を購入した方がいいでしょう。

スマートフォン・PCへのリンク機能

電子辞書で調べた事柄を、PCやスマートフォンなどに移して利用したい場合、一旦メモに書き写したり、手打ちで入力するのは手間がかかります。

その場合、文書の一部をWIFIを介して転送できる機種を選べば時間を要しません。

文書を大量に作成する業務等に電子辞書を使用する場合は、そういった同期機能を備えた商品を購入するのがおすすめです。

文字の拡大機能

大抵の電子辞書には表示された文字を利用者が読みやすいように拡大する機能が備わっています。

しかしながら機種によってどのくらいこの機能に力を入れているかは千差万別で、単純に画面を拡大するだけで文字のドットが粗く拡大されてしまうものもあれば、拡大にしたがって文字の明度を調節してくれるものまで様々です。

年配の利用者や視力が落ちている利用者は、こうした拡大機能に気を配っている商品を購入するようにしましょう。

液晶の見やすさ

使用している液晶によって、眼の疲労度はかなり変わってきます。

これはカタログでは分かりにくい部分なので、店頭で商品を確認する機会があるなら、数分は画面を見て、眼が疲れないかどうかを確認しましょう。

ネット通販などで購入する場合は、購入者のレビューを必ず確認するようにしておきましょう。

収録媒体の信頼性

電子辞書の本質は「参考書」であり、レポートや報告書を作成する際の重要な情報源の一つとなります。

そのため収録されている辞書やオプションが、信頼性の高いものであるかどうかは必ず確認しましょう。

検索機能の使い勝手

電子辞書の最大の利点の一つが、紙媒体のようにわざわざ頁をめくらなくても項目を検索できるというところです。

この検索機能は各製品の肝とも言える要素であり、どれくらい融通が利く機能であるかによって使い勝手は変わってきます。

検索語を入力した際、大量の関連用語がヒットする製品が優れているとは単純に言い切れません。

自分の好みや状況に応じて、結果表示をカスタマイズできたり、不要な検索結果を除外できるなど、融通が利く商品が有用です。

実際に使用してみるのが望ましい

電子辞書選びは、量販店などで手に取って見ることができる場合は、直接触って使い勝手を確かめることが間違いのない製品選びに繋がります。

遠方で来店できない、通販しか利用できないという場合も、メーカーがネット上で公開している検索サンプルに目を通しておきましょう。

電子辞書に収録されている辞書コンテンツは、提供元がその一部をインターネット上で無料利用できるようにしているものも見受けられます。

それらを試して自分にとって使いやすいコンテンツを選ぶのもいいでしょう。

電子辞書はそれなりに値が張る商品ですので、購入する前に、様々な手段で性能を確認しておきましょう。

まとめ

 近年の電子辞書は単純に紙の辞書をデジタル化した製品と言うわけではなく、様々なオプションやネットに接続する機能などが搭載された製品が主流となってきています。

しかしながら多機能の商品を買えばいいというわけではなく、使用目的に応じた、「自分にとって、最も使いやすい」商品を購入することが重要です。

何のために電子辞書を必要としているのか、目的をしっかり見据えた上で購入するようにしましょう。