英語学習にはこんな電子辞書がおすすめ!英語学習も電子辞書で!

電子辞書、それこそ英語で言うならelectronic dictionary、そのままですね。

でもこうした英単語を調べたりする場合、一体どういう物を利用すればいいでしょう。

辞書でしょうかそれともスマホの検索、パソコンでの検索でしょうか。

専門的に調べたい場合は、やはり電子辞書の出番ですね。

特に英語を利用する機会の多い場合

英語というもの、なにはともあれ世界中で通用する言語であることは間違いありません。

実際海外で、日本人とロシア人、中国人にドイツ人が会話するとなると、結局は英語を利用してのコミュニケーションになってしまいます。

それだけ使い勝手の良い言語であることも事実です。

日本人の場合、昔はこの発音などになかなか馴染めずに、英語自体に苦手意識を持つ人も多かったのです。

しかし中学や高校での英語教育の変化もあり、また英会話学校などが多く出来たおかげもあって、それなりに馴染みが深くなりました。

まあ問題は、馴染んだ挙げ句に和製英語が増えたおかげで、それを英会話で使ってしまうけど通じない、などの笑い話も増えたということです。

実はこの笑い話、笑い話で済まないこともあるのですね。

特にビジネスでの会話で、勘違いをするととんでもないことに発展してしまうこともあるので、注意が必要です。

観光旅行でも、間違った英語の使い方をしたせいで、トラブルに巻き込まれることがないとは言えません。

そうしたことを避けるためにも、電子辞書を使いこなしたいものですね。

特に英語に特化されている辞書は、大変にお役立ちですので、英語を利用する機会の多い人には1台用意しておくのがおすすめです。

スマホや紙の辞書などではいけないの

今ではスマホという便利な情報収集機が、常に手元にあると言う便利な時代になりました。

なので大抵のことはこのスマホで用が足ります。

しかし英語の検索などについて、もしくは学習については実はあまりおすすめが出来ないのです。

スマホは便利すぎて、ついでに遊びの道具としても利用ができるので、学習や情報収集中に気が散るということもあるのですね。

また検索中に電話がかかってきたりすれば、その後何を調べていたのかど忘れなどということもあります。

では紙の辞書、古くからお馴染みの英和や和英の辞書はどうでしょう。

紙の辞書の場合にはあまり気が散るなどのことはありません。

ただ細かい字で1ページ内に多くの情報が入っているので、目が一点に集中しづらいという欠点があります。

またもちろん、持ち運びに不便だという、最大のデメリットもあります。

電子辞書ならこれらのデメリットとは無縁でいられるのです。

特に英語という、自国語以外の言語を検索する時には、電子辞書が最も向いていると言って過言ではありません。

英語関係をメインにした電子辞書の選び方

にしても、両観点にしてもネット通販にしても、あまりに多くの電子辞書が並んでいます。

どれにすれば良いのか、英語に特化されているという条件をクリアした機体だけでも、多すぎて悩んでしまいますね。

英英辞典が収録されている

英和と和英辞典は、まあ基本的に電子辞書には搭載されています。

しかし英語をメインにと思った場合、英英辞典が収録されていることも確認してください。

英英辞典までは必要ないだろうと思うかもしれませんが、実はある程度英語を使っていった場合、これが必要になってくるのです。

英語自体に慣れるためにも必要ですし、英語で英単語の解説をしているという点に、特に注目したいですね。

英単語を日本語で解説というのは、実は限界があります。

英語のニュアンスでないと説明できない、そういった場合が結構あるのです。

言語というものは変化しますし、デジタルではありません。

かなり感覚的なものが多いのです。

英語の説明は英語で、が最もわかりやすいということです。

英語音声が収録されているか

発音記号というもの、学生時代に習得しているから大丈夫と思っても、それを直接自分で発生できるかは別問題です。

また現地で英語発音に慣れた場合も、実はいわゆる方言タイプの発音だったということもあります。

他の地域だと通じない、もしくは通じづらいということですね。

なので電子辞書に欲しいのが、この英語音声です。

一般的なきちんとした発音での英語音声が収録されているので、発音などに疑問があった場合にこれを聞いて直すことが可能です。

英語は文章だけで充分という場合には必要がありませんが、ある程度の会話もと思った場合には、あったほうが便利な機能です。

学習コンテンツはあると便利

必須というわけでもありませんが、もし電子辞書をある程度学習用のツールとして使いたいと思っている場合、学習コンテンツの有無も確認したいですね。

これから教材も揃えなくてはと言う場合には、いっそ教材を揃えるのではなく、学習コンテンツの充実した電子辞書にするほうがお得です。

教材も結構コストの掛かるものです。

少し高めの電子辞書になっても、この先の英語学習を考えると結果的にコスパが良いということになるのです。

まとめ

英語用の電子辞書は、ある程度これを利用して英語学習もと思った場合、1台購入しておきたい製品です。

もちろん他の紙の辞書などでも使うことは出来ますが、携帯性や情報の豊富さなどを考えると、電子辞書に軍配が上がります。

特に英語を使う機会の多い人には、英語に特化した電子辞書の使用をおすすめしたいですね。