色んな種類の電子辞書を賢く選ぶためのポイント6選を抑えよう

ビジネスだけでなく学習でも電子辞書を使う機会が多くなってきました。

色んな辞書を持ち運ぶのは大変ですが、電子辞書ならカバンに入れて軽々持ち運ぶの事ができます。

スマホで調べることもできますが、電子辞書の方が検索力と情報量が多いので、こらから買う方におすすめの選び方を紹介していきます。

電子辞書の選び方

目的とシーンで選ぶ

電子辞書を購入する時は使う目的とどんな時に使うのかというシーンに合わせて選ぶ必要があります。

例えば社会人の場合は語学学習よりも経済や金融などビジネスで使う専門知識が豊富に含まれる電子辞書がおすすめです。

大学生など語学学習として使うのであればビジネス仕様があったり色んなシーンを想定したり応用やTOEIC対策の教材などの学習コンテンツが収録されていると便利です。

海外に行くのであれば、旅行用に持ち運べる物がおすすめですし、会話例文が豊富なものや重量、連続使用時間などの使いやすさを重視しながら選ぶといいでしょう。

ビジネルに直結する以外に教養、マナーなど一般常識に関する知識が収録されているものもおすすめです。

語学学習の為に電子辞書を使うなら発音や録音機能がついているものがおすすめです。

効率的に語学学習にはネイティブな発音を耳から入れることが必須になるので、自分の発音をチェックするために録音機能はかなり重要ポイントです。

学生なら授業にそった内容が収録されているかチェックしないといけません。

また高校生が電子辞書を使いたいのに中学生の物を使っていても役に立たないので、高校生モデルでも通学の学校の学習用なのか試験に対応しているのかも選ぶ時のおすすめポイントです。

大学生なら専門分野によって重視する所がちがってきますが、ビジネスマナーなどのコンテンツが便利です。

電子辞書も書籍の辞書同様、学習内容は日々更新されるので、発売日の新しいもの最近の物を買うことがおすすめです。

1回1台電子辞書があればとても便利ですが、購入する時は目的とシーンを見て買うのが1番です。

メーカーで選ぶ

電子辞書には代表的なメーカーがあります。

それそれの特徴を知って選ぶ目安にしてみてください。

カシオの場合、多言語の対応に優れているのはもちろん、百科事典として使うことができます。

収録するコンテンツも豊富で、家庭用として1台もつならおすすめです。

シャープは綺麗な液晶と見やすさに加えて英語学習など実用的な参考書も含まれています。

語学学習に電子辞書を使いたいという明確な目的があるのであれば、それに特化したコンテンツが多いシャープがおすすめです。

キャノンは今どきの電子辞書としては少し物足りないように思いますが、低価格で、最低限の辞書をしっかり収録しているというコスパの良さが魅力です。

初めての電子辞書で、低予算で購入したいのであれば、非常におすすめです。

キングジムは海外旅行向けに特化しており、音声入力機能を搭載したモデルになります。

その他のコンテンツはあまり搭載していないので、普段使いとして使うには少々物足りないと感じるかもしれません。

画面の大きさと重さ

使いやすさもかなり重要ですが、画面サイズが2インチ~5インチ以上の物があります。

画面が大きとその分キーボード大きいので、文字入力しやすいメリットが有りますが、その分重たくなるので、持ち運ぶ時にかさばるので、注意してください。

電源については充電式か電池式かも抑えないといけません。

充電式の方が安いものが多いでふが、持ち運んで使う場合バッテリー切れの心配があります。

電池式なら予備をもてば海外でも使うことがだきます。

タッチパネル対応

タッチパネルは画面に表示されている項目を付属のペンで操作できる電子辞書になります。

読み方がわからない漢字だけだなく、外国語のスペルを画面に書いて検索できます。

また360℃開閉できるモデルは液晶画面を表面にして折りたためばスマホのような形状を変えたり、片手持ちしやすくなるので、電車やバスの移動でも使いやすいです。

スピーカーやイヤホンに対応

内蔵スピーカー搭載の電子辞書であれば、録音した声だけだなく音楽の再生もできるので、繰り返し勉強できます。

発音については触れましたが、イヤホン接続に対応したモデルであれば、移動中も利用して学習すはことができるので、便利です。

コンテンツの追加

電子辞書には就職や進学に合わせて辞書や参考書などのコンテンツを追加できるモデルも発売されています。

マイクロSDを差し込むものや、パソコンやネット回線を使ってメーカーサイトから直接ダウンロードしたり購入できるものもあります。

シャープの電子辞書は専用のサイトがあり、そこから小説や専門書をダウンロードして持ち運べるので便利です。

まとめ

電子辞書は色んな種類が発売されていますが、それぞれメーカーによっても特徴が違います。

社会人なのか、学生かでも違いますし、ビジネスなのか旅行向けなのかでも全く違ってくるので、しっかりと目的と利用シーンを見極めてください。